Monday, Nov 20th

Last updateSat, 18 Nov 2017 9am

You are here: Home 文庫Café イベント・研究会 情報

Dr. Jamil Mahuad氏(エクアドル元大統領)の特別セミナー!
   ~未来を担うグローバルリーダーのために~

president 2011年1月15日(土)にエクアドル元大統領(1998-2000年)・ノーベル平和賞候補選出者(1999年)で、現在、ハーバード国際交渉学研究所シニアフェローのDr. Jamil Mahuad氏による特別セミナー「21世紀のリーダーシップと国際交渉力」が開催されました。本セミナーは、Mahuad氏がインターアクション・カウンシル(通称OBサミット:福田赳夫元首相が1989年に呼びかけ創設した大統領・首相経験者の国際会議)で寺島実郎と縁もあり、寺島文庫の次世代を育てていくという理念に共感し、今回来日に際し、特別に時間を頂き開催の運びとなりました。
 参加者は、20~40代の産官学、メディアから志ある多国籍なメンバーが50名以上参加しました。講演内容は、ハーバード大学のケーススタディにもなった「エクアドルとペルーの領土交渉」をベースに、今ハーバード大学で先端的に研究している新しいスタイルの交渉について講義頂きました。従来型の「論理」を中心とした交渉のスタイルから、「感情」という要素を加味した新しい交渉、コミュニケーションについての講義が行われました。また、Mahuad氏の青少年期の問題意識も語って頂き、世界のトップリーダーの生身の部分もメンバーに共有して頂きました。
  講義後には文庫Café みねるばの森でレセプションも催され、Mahuad氏と参加者の活発な意見交換がなされました。懇親会後にはMahuad氏から「このようなインテリジェンスの高く、若い多様なバックグランドの人たちに、自分の経験を語ることが出来、大変光栄である。」とのメッセージを頂きました。