Wednesday, Dec 13th

Last updateWed, 13 Dec 2017 5pm

You are here: Home ビションフリーゼ 文庫犬エリゼ ビションフリーゼ 文庫犬エリゼの成長記録

5月も終わり、いよいよ梅雨の季節になってまいりましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
エリゼは、今年もGWに大好きな箱根へ旅行に行ってきました。
芦ノ湖では遊覧船に乗り、箱根の関所も見学しました。
最近の箱根は外国人観光客も多く、エリゼと一緒に記念撮影をする観光客もいました。
どこに行っても囲まれてしまうエリゼです。
いよりよ梅雨入りですが、皆様、健康には十分気をつけてお過ごしください。

☆話題は変わりますが、現在エリゼのエチケット付きのワイン企画を進めています。
  次回、皆様にご報告できるかと思いますので、お楽しみに!

■ 芦ノ湖の風を感じて、少し凛々しいエリゼ ■ 船長をサポートするべく、風の向きを確認するエリゼ
■ 箱根関(はこねのせき)で ■ 日本一高い富士山を見て考え込むエリゼ
■ 昨年と同じ場所で記念撮影 ■ 観光客に囲まれて、記念撮影を求められるエリゼ

※ 去年の箱根でのエリゼはこちら

(2014年5月5日撮影)

   

 

今回は、文庫犬エリゼの誕生より3年を迎えましたので、エリゼの歴史を簡単に特集します。

ヨーロッパの激動の歴史を引き継ぐエリゼ


   皆様から愛される文庫犬・エリゼは、1月26日に3歳の誕生日を迎えました。名前は、フランスの王侯貴族に寵愛された犬種であることから、エリゼ宮殿にちなみ命名されました。
 犬種の現代名は「ビション・ア・ポワル・フリゼ」(Bichon à Poil Frisé)で「巻き毛を持つビション」という意味です。ビションはバルビション(Barbichon)の略語で「小型のバルべ(Barbet)」という意味を持ち、バルべはウォーター・スパニエル(水上・水中作業のために誕生した犬種)の古代種を指します。
 原産はアフリカ大陸北西沖に浮かぶスペイン領カナリア諸島とされています。しかし、15世紀初め、「大航海時代」にスペインの探検家がカナリア諸島に到達した際には、ビション・ア・ポアル・フリゼは存在しませんでした。後の時期に、スペイン人がビションの祖先にあたる愛玩犬をカナリア諸島に連れて行き、同島で犬種が変異したためビションが誕生したと言われています。

 スペインでは、16世紀~19世紀前半に貴族の間で人気が高まり、近代絵画の創始者の一人で、宮廷画家であったフランシスコ・デ・ゴヤの絵画にも描かれています。
 16世紀のヴァロア朝フランスでも王侯貴族に愛されました。フランスには、イタリア戦争(ヴァロア家とハプスブルグ家とのイタリア領有をめぐる戦争)を契機としてイタリア経由で渡ったとされています。この時代は、国王の文芸保護政策のもとでレオナルド・ダ・ヴィンチがフランスに招かれるなど、フランス・ルネサンスの開始期でもありました。
 エリゼは、中世から近世へ移行していくヨーロッパの激動の歴史を引き継いでいます。




 
  ■今ではすっかり日本文化が大好きなエリゼ(こどもの日)

皆様、ご無沙汰しております。年度末ということもあり、エリゼも文庫犬として
忙しい毎日を過ごしておりました。
実は、その合間をぬって、春休みをとり、大好きなお寺巡りをしてきました。
東京では2度目となる浅草寺、そして、今回は初めて奈良の薬師寺へ
行ってきました。薬師寺は、平成10年よりユネスコ世界遺産に登録された法相宗の
大本山で、薬師三尊像、東塔、玄奘三蔵院伽藍等の貴重な国宝・重要文化財が
拝観できます。
薬師寺の皆様にあたたかく迎えられ、大変幸せな
エリゼでした。
いよいよ、春到来ですが、新年度も皆様がんばりましょう! 

(薬師寺公式HP)http://www.nara-yakushiji.com/index.html
 

■浅草寺の観光客に可愛がられるエリゼ ■少しほっといて欲しいエリゼ

 

■エリゼと薬師寺  ■エリゼと修善寺(1年前)
■旅の途中でのお食事に笑顔のエリゼ ■癒し系のエリゼ(ポカポカの車内にて)


(2014年2月24日、3月27日他 撮影)

皆様、1月下旬になりましたが、明けましておめでとうございます!
2014年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
※ エリゼへ年賀状をお送りいただいた方々、本当に有難うございました。

エリゼは、2014年の運気を上げようと、新年早々、奈良のお寺(岡寺、飛鳥寺ほか)に行ってきました。
岡寺や飛鳥寺では、アジア、ユーラシアの国々と日本との文化的なつながりや歴史について、住職の方に
直接説明いただいたり、飛鳥大仏をはじめ、歴史的、文化的に貴重なものを見学させていただきました。
新年早々、古都奈良にてユーラシアの風を感じ、運気が上昇中のエリゼでした。

☆多くの方に祝福いただきましたが、1月26日はエリゼの誕生日でして、今年で3才になりました。
  本当に多くの方々に支えられ、すくすく成長することができました。
  今年も、寺島文庫、文庫犬エリゼをどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 
■エリゼと岡寺(運気が上昇中) ■エリゼと飛鳥寺  
 
■お正月らしく ■誕生日を迎え笑顔のエリゼ  
 
■誕生日ケーキとエリゼ① ■誕生日ケーキとエリゼ②  
■誕生日カードとエリゼ

(2014年1月26日 撮影)


早いもので、あっという間にクリスマスも過ぎ、2013年も終わろうとしています。
今年も、良いニュース、悲しいニュースなど、日本、世界で色々な出来事があった一年でした。
エリゼにとっての2013年は、お出迎えなどの日常業務に加え、特に雑誌、テレビ等に出演させて
頂く機会を頂き、寺島文庫の広報担当として新たなチャレンジをした一年でした。
また、寺島文庫の新しい仲間ともお仕事ができ、北海道、箱根をはじめ、各地への出張も経験するなど
充実したアクティブな年でした。ありがとうございました!
皆様にとって、2013年はどのような一年だったでしょうか。

エリゼは、年が明けて2014年1月には、めでたく3才となります。
今年も皆様には大変お世話になりましたが、来年も文庫犬エリゼと成長記録をどうぞよろしくお願いいたします。
2014年が皆様にとって良い年でありますように!(エリゼ)


文庫犬エリゼカレンダー2014も多くのお求めを頂きありがとうございました。


■今回は、サンタクロースになりきったエリゼを紹介します!

 
■今年もサンタになりきりました!   ■エリゼサンタのイラスト



■ とことん、サンタクロースになりきりました!

■ サンタクロースらしく ■ さらにサンタクロースらしく  ■ 眠くなりました~ ZZZ・・・