Monday, Aug 21st

Last updateMon, 21 Aug 2017 2pm

You are here: Home 寺島文庫の試み 寺島文庫通信

2011年第10号より

第2期寺島文庫リレー塾スタート
初回講師:寺島実郎塾長 「いま我々が生きる時代をどう認識するか」
2011 年10 月19 日(水)  会場:日本工業倶楽部会館 大会堂
 寺島文庫では、社会人や若い世代に向け時代に対して真剣に向き合っている人の話を体系的に聞き、時代を考えるヒントになる機会を提供することを目的に、昨年より寺島文庫リレー塾をスタートさせました。2 期目となる今年も、国際情勢や政治経済、ジャーナリズムの各分野における精鋭の専門家を招いて、国内外の諸問題を多角的に取り上げる3 カ月間の体系的なカリキュラムとなっています。
 第1 回講師の寺島塾長は、「いま、我々が生きる時代をどう認識するか」というテーマを掲げ、与えられた時間の中で、できるだけフィールドワークを重ね、文献にあたり、自分の頭で考える努力を続けることの大切さを訴えました。寺島自身が物事を立体的にとらえ、熟考するようになったきっかけとして、1963 年放映の大河ドラマ『花の生涯』(舟橋聖一原作)を観た時の体験を語りました。同様の内容は、10 月30 日にTV 番組「NHK アーカイブス」でも放映されました。
  『花の生涯』は、桜田門外の変で果てた大老井伊直弼の生涯を描いたもので、比較的否定的なイメージで捉えられがちな井伊になぜ『花の生涯』という真逆のタイトルをつけたのか。また、本著に書かれた「知性の薄い興奮し易い頭脳が、この国では熱血漢として珍重される。何故、広い世界に目を向けようとしないのか」という井伊の思いをつづった一文に強い衝撃を受け、その時高校生であった自分が人間は物事を単純に考えてはいけないのだと実感し、このことも今の寺島の物の考え方や歴史観につながったという経験を語りました。
 また、震災後の日本がどの道を歩むべきかについて触れ、「米国一極主義の崩壊、覇権なき中東、そして欧州危機といった急激な世界的パラダイム転換に直面し、震災を受けた日本の思考が内向きになるのも理解できるが、今こそ、日本がどの道を選択していくべきか、議論を深めるプロセスこそが重要である」と述べました。

2011年第9号より

『世界を知る力 日本創生編』刊行記念講演会・サイン会
2011年9月12日(月) 会場:紀伊國屋書店新宿本店・紀伊國屋ホール

  2011年9月12日(月)、紀伊國屋書店新宿本店にて、寺島実郎著書『世界を知る力 日本創生編』(PHP新書)刊行記念として寺島実郎の講演会が開催されました。ホールを埋める350名超の聴講者を前にPHP研究所横田氏の司会の下、講演は行われました。
 冒頭、寺島は講演前日が9.11から10年、3.11から半年となる節目であり、世界のパラダイム転換の中で3.11が起こったことに触れ、注視すべき9.11後の構造変化として、アメリカ流資本主義の破綻、アフガン・イラクでの失敗によるアメリカ財政の悪化、人民元の台頭とドル需要の低下、ドル基軸体制の崩壊等の国際金融情勢について説明しました。その上で、9.11や3.11に対する根拠のない不安と恐怖心がもたらす思考の単純化から脱却し、筋道立った「思考の再起動」が今問われており、高村光太郎の詩(PHP新刊4頁)を引用した上で、冷静に思索の道を立て直す努力の重要性を語りました。また、新刊の執筆自体が日本の進路を模索する思考のプロセスであったと紹介しました。
 
 後半は、第2章「日本人の魂の基軸とは」で親鸞に触れていることについて、3.11後の日本の状況にも似た戦乱の時代を生き、民衆に新しい生き方・思考の基軸を提示した親鸞の生き様を噛み締めることは、日本創生を語る上で意味のあることだと述べました。また、宮城県震災復興会議副議長を務める自身の復興構想を第4章で論じていることに触れ、国民参画型で「復興プロジェクト推進隊」のようなプラットフォームの必要性、さらに、第5章内のエネルギー戦略については国際エネルギー分野で日本の発言力を維持する上で、原子力の技術基盤維持やこの分野へ人材を立ち向かわせることの重要性について論じました。
 最後に、寺島は新刊を通して若者に考えるヒントを与えたいと伝え、講演を締め括りました。講演終了後はサイン会が行われ、本会は盛況のうちに終了しました。

今後の講演会・サイン会についてはこちら

2011年第7・8合併号より

第10回日総研フォーラム 財団法人日本総合研究所40周年 
寺島実郎 総括講演 「日本の試練―この危機をどう創造的に乗り切るか」
2011年7月20日(水) 会場:時事通信ホール

  2011年7月20日、時事通信ホールにて、寺島実郎が理事長を務める財団法人日本総合研究所主催の第10回日総研フォーラムが開催されました。1970年8月設立から40周年を迎えた今年の開催は、設立当時から関わってきた野田一夫会長のあいさつと、明石康氏と家田仁氏を招いてのパネルディスカッション(2面掲載)があり、その後寺島による総括講演が行われました。
 寺島は冒頭、日総研40年を振りかえるとともに40年間の日本円の為替変動に言及、その後訪米報告を行いました。さらに今考えるべき課題として、新しい国家エネルギー戦略について語りました。
「民主党政権となって昨年6月に原子力重視の政策となったものの、今回の東日本大震災による福島の原発事故で原子力は補助的・過渡的なエネルギーとして位置づけざるをえない。オイルショックを経験した1970年代には再生可能エネルギーは結局実を結ばなかったものの、現代のグリーンニューディールは技術基盤の確立により系統化が可能であり70年代とは違う。
 しかしそれでも原子力をどう位置づけるかは、日本の国際的責任と文明論的視点の双方からみても重要である。文明論的視点におけるキーワードは技術。近代主義者は新幹線や高層ビルのように等身大でない技術に身をゆだねて生きている。我々は効率やスピードを求めて技術を進歩させてきた。
 また、事故を起こした福島第一原発が旧世代に属する初期型であるのに対し、世界を見れば現在の原発は3.5世代型まで進みつつあり安全性を高めていて、中国などで建設予定のものも次世代型である。さらに従来と設計思想が違う、より安全な、例えばビル・ゲイツが推進する小型原発も開発中である。将来日本が原発から手を引いたとしても、近隣諸国や世界は原発の開発を進めていく。我々はパンドラの箱を開いてしまった以上、責任をもって原子力の平和利用を制御していくという選択肢があってもいい。この話は、日本の復興論の中に創造性や未来を埋め込まなくてはならないとはどういうことかという1つのケーススタディである。」
 寺島は以上のように述べ、最後に8月発売の新刊をとりあげ、震災後の思考停止から再起動し、自身の頭で考えるヒントにしてほしいと述べました。(文責:寺島文庫だより編集班)

2011年第6号より

多摩大学 寺島実郎監修リレー講座『21世紀初頭の10年を超えて』 寺島実郎学長講義
2011年6月9日(木) 会場:多摩大学 多摩キャンパス001教室

tama_relay_spring   去る6月9日(木)、寺島実郎が学長を務める多摩大学で寺島実郎監修リレー講座が開催されました。今回は折返しの中間回となる第7回講義として寺島が教壇に立ちました。
  講義前半、寺島はユーラシアのダイナミズムと日本の関わりについて話しました。3.11東日本大震災が人間関係をフラットにしたことを考える上で参考となる親鸞の絶対平等主義は、空海が遣唐使として中国滞在中に触れたであろうキリスト教にも影響された可能性があり、日本の仏教もユーラシア大陸とは想像以上に交流・相互依存の関係にあったことに言及しました。そして小説『親鸞』の作者・五木寛之氏の、グローバリゼーション時代には和魂洋才ならぬ「洋魂洋才」になるよう強いられるという指摘に触れ、こうした状況への違和感を覚えていた矢先、3.11は我々がこの先どのように生きていけばよいのかということを考えさせる衝撃を与え、この問い直しが求められていると述べました。

  講義後半、宮城県震災復興会議副議長も務める寺島は、我々の喫緊の課題である震災復興をテーマとして、この基軸に産業基盤の創生と雇用の確保を提案しました。まず、もともと人口減少・高齢化という過疎化の進展していた東北圏には、若者が東北のバイタル産業である第1次産業で隆々と生きていく生活基盤が必要で、農業生産法人や農業流通法人の連携等システムとしての農水産業を再構築していくことが必要と語りました。さらに製造業についても、円高、風評被害、電力や税金値上げ懸念等のもとでは、海外流出の加速が避けられず、震災復興特区等のインセンティブが必要と述べました。
 また、日本の貿易だけでなく米中貿易の物流経路も日本海側へシフトしている現状から、アジアダイナミズムと向き合う日本海側と被災地である太平洋側の相関が復興の鍵であると言及し、さらに宮城県沿岸被災市町村の復興に向けて、グランドデザインを考慮に入れた防災、産業創生、環境・エネルギー、民政安定を軸にした具体的でリアリティーのあるプロジェクトの必要性について語りました。
 さらに、「参画」という視点の重要性に触れ、今の日本は「挑戦したい」と思わせるテーマを提示することに失敗していると指摘しました。そして「あるべき姿」を描くだけではなく若者がそこに積極的に参画できるプラットフォームの整備を説き、復興計画の実行部隊「復興プロジェクト推進隊」としてボランティアでなく200~300万円の年収を確約するプロジェクトを創り、それに現在約1400兆円の個人金融資産の大半を有する高齢者が、例えば相続税が減免されるというインセンティブが付いた無利子国債を購入することで財源面で「参画」するという一つのモデルを提示しました。最後に「今、日本人の底力が試されている」と切り出し、「将来のために協力したくないという日本人はいないと確信している」と述べました。そして、「政治家、指導者が、国民の参画を訴えるだけの気迫と構想力をもっているかが問題である」と締めくくりました。

2011年第5号より

親鸞聖人750回御遠忌讃仰行事「今を生きる親鸞」東本願寺講演会
2011年5月10日(火) 会場:京都東本願寺


shinran

  2011年5月10日(火)、京都東本願寺において親鸞聖人が亡くなって750年にあたる御遠忌讃仰講演会が行われ、寺島実郎は「今を生きる親鸞」というテーマで全国から集った高僧や門徒たち約350人を対象に講演を行いました。
 
  寺島は冒頭に、約4年前に高野山夏季講座で空海をテーマに講演した体験に触れ、遣唐使として当時の超先進国の唐・長安に留学し、真言密教の真髄を習得し、現代の理系エンジニアリングに通じる様々な工学技術を日本にもたらした天才としての空海を、親鸞と対照的な人物として語りました。講演では「親鸞聖人の深さ、偉大さは『目線の低さ』であり、3.11東日本大震災のような極度の危機に直面したとき人間社会は瞬時にフラットになり、貴賎や善悪、階層が無意味となり、専修念仏の下での絶対平等を説いた親鸞の言葉の意味を、今日本人が深く実感している」と述べました。
 
   親鸞の名がインドの世親(せしん)と、中国・曇鸞(どんらん)に源があるように、ユーラシアを流れる浄土教思想を広く吸い込んでいる事、また阿弥陀仏あるいは神の前での絶対平等という宗教比較面でのキリスト教(かつては景教とも呼ばれた)との接点について述べ、ユーラシア大陸の豊かな思想が相互啓発し浄土真宗に繋がっていると論じました。親鸞の凄みは教義を読んで知るのでなく、心に秘めて全身全霊で時代と闘ってきた面にあり、親鸞700回忌には1961年91歳だった鈴木大拙が講演会を行い、安保改定で日本が揉めた時代に<真宗の中にある日本人が外の世界になし得る偉大な貢献は、弱者と普通の人のための日本仏教の理念>と語った思想について言及しました。親鸞以前の仏教は国家が保護し育てた存在だったのに対し、時の権威者と距離を取り衆生民衆の側に基点を置くパラダイム転換となった事が正に「目線の低さ」である。五木寛之が述べた和魂和才を再考する時、世界に通用する開かれた和の魂として、仏教のパラダイム転換として登場した親鸞の存在感を実感すると述べて講演を締め括りました。
 終了後は場内の質疑に応え、原発事故を経て日本はエネルギーのベストミックスに知恵を絞り、技術蓄積と人材育成という面で原子力の平和利用を積み上げる立場にある事、また「他力」は常に自力との緊張感があり、やはり自分を律する姿勢が大事であろう点について話し、盛大な拍手に包まれ講演会を終えました。