Friday, Oct 18th

Last updateWed, 16 Oct 2019 5pm

You are here: Home 寺島文庫の試み 寺島文庫通信 2013年 第26号より

2013年第26号より

「就職を機に世界と人生を考える! BS寺島 月9トーク」 3月の放送をご案内します! 
 BS12ch (TwellV)にて、毎週月曜日 よる9時放送中!

 「この人の話を若者に聞かせたい」と寺島が考える本番組の対談では、多くの珠玉のメッセージが若者や視聴者に発せられました。ここでは、3月中に放送される番組内容を先取りしてご紹介します。

□大里 洋吉 氏 (株式会社アミューズ代表取締役会長)

(第9回・第10回 2月25日・3月4日放送予定)
渡辺プロを経て、1978年にアミューズ設立。サザンオールスターズや福山雅治などを育て上げるなど、アミューズを大手芸能事務所に成長させた大里氏。1歳違いの2人は、同じ時代を生き、同じ音楽や映画に触れてきたということで、対談はミュージカルや俳優の話にも及びました。企業理念に「感動だけが人の心を撃ち抜ける」と掲げる大里氏は、「まだアミューズは到達点に至っていない」と新たな挑戦を明言しました。寺島は「この熱さがエンターテイメント産業を支えている」と学生に伝えました。 
 
□水野 彌一 氏 (京都大学アメリカンフットボール部前監督) 
     
 (第11回 3月11日放送予定)
1976年、京都大学アメフト部「ギャングスター」は、関西アメフト界の雄・関西学院の28年間無敗・145連勝を阻止。甲子園ボウル(大学選手権)優勝6回、ライスボウル(全日本選手権)優勝4回を成し遂げてきました。かつては弱小であったギャングスターを栄光に導いた水野前監督が対談ゲストです。ともに中島敦の『李陵』を愛読する2人は、人間の生き方を巡って熱く議論しました。そして寺島は、最近の若者は「戦って生きている大人を見て育っていない」と、本来あるべき教育の姿を指摘しました。 
 
□澤田 秀雄 氏 
 (株式会社エイチ・アイ・エス代表取締役会長、ハウステンボス株式会社代表取締役社長)

 (第12回 3月18日放送予定)
第12回放送のゲストは、寺島が委員長を務める「就職を機に世界と人生を考えるためのワークプレイスメント推進協議会」の委員でもある澤田氏です。今でこそ、日本を代表する企業グループを築き上げた澤田氏ですが、「机2つ、電話1本」の事務所からのスタートでした。様々な失敗を乗り越えて今を築いた澤田氏は、学生に「夢と継続」の大切さ、挑戦10回のうち成功3回でも「3割打者」と笑顔でメッセージを伝えました。
 

澤田氏との対談終了後、寺島は改めて学生と向き合い、これまでの対談を総括し、あらゆるゲストに共通する人間力を話題としました。また、積極的な質問を発する学生に対し、「どんな局面にあっても逃げるな」、「説得力を磨くのは一生の課題だ」など、人生を生き抜くためのメッセージを力強く伝えました。どうぞご期待ください。 

 ◆番組詳細は下記バナーをクリック


※ 4月より再放送を予定しております。詳細は本ウェブサイトにてお知らせ致します。