Monday, Aug 21st

Last updateMon, 21 Aug 2017 2pm

You are here: Home 寺島文庫の試み 寺島文庫通信 2014年 第48号より

2014年第48号より2013年第32号より

【NPO法人みねるばの森 2014年活動報告】


■寺島文庫リレー塾2014
 第5期となる2014年度は、「ユーラシア激変の中での日本」をテーマに掲げ、2014年9月~11月に日本工業倶楽部で開催しました。寺島に加えて、李鍾元氏(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)、佐々木毅氏(東京大学名誉教授)、田原総一朗氏(ジャーナリスト)、そして藤原帰一氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)(開催回順)という講師陣による全6回の講義では、のべ約1600名の申込者が、時代認識を深めるべく「本質を見抜く知の力」に触れました。

■第2期みねるばの森ゼミナール
 「就職を機に世界と人生を考える」とのコンセプトに基づき、就職活動を控える大学生を主な対象として、2014年5~7月に全4回のゼミナールを開講しました。各回の講師には、キャリアコンサルタント、中小企業に精通した大学教員や専門家、IT業界のフロントランナー、そして株式会社ナジック・アイサポートの全面協力によりワークプレイスメント実施企業の担当者にも登壇していただきました。このユニークなプログラムには、各大学より参画したのべ100人超の学生が熱心に耳を傾けました。

■みねるばの森Caféセミナー
 株式会社FANCLとの共催で実現した本セミナーは、「予防医療」をテーマに、アクティブシニアの社会参画を期して昨年より全6回積み重ねてきました。参加者は「未病」に向けた健康維持に関する様々な知見に触れ、また文庫Caféみねるばの森が提案する健康サポートランチを楽しみました。最終日である11月22日(土)には、全6回参加頂いた方に対し、寺島理事長から皆勤賞をお渡ししました。

■未来挑戦型企業インタビュー
 学生と企業の就職ミスマッチ解消に資するべく、中堅中小企業における未来志向の事業に対して若いうちから深く参画し、その中で成功・喜びを共有して欲しいとの思いから、「未来挑戦型企業」の経営者にインタビューを実施しています。時代認識、会社経営、そして人生論など多くの示唆溢れるメッセージは、学生に加えて社会人からも好評を博しております。
※インタビューの詳細については寺島文庫ウェブサイトのトップページをご覧ください。

☆留学生・若者の就業支援やグローバル人材の育成、シニアの社会参画を目指したNPO法人みねるばの森の各事業は、
  2014年9月の一般社団法人化により新たな進化を目指す寺島文庫に集約し、さらなる発展を目指します。