Monday, Aug 21st

Last updateMon, 21 Aug 2017 2pm

2015 SUMMER Vol.1

地方公共団体から日総研理事長室にて研修中の3名が、

「地域の観光」をキーワードに郷土の魅力と可能性について論じます。


◆信長流ホスピタリティ (岐阜市役所より)

  
 四月に岐阜市から参りました。初の東京勤務ですが、入庁二〇年目という節目の年でもあり、多くを吸収できるよう一生懸命勉強して参ります。
 さて、岐阜城一帯が『「信長公のおもてなし」が息づく戦国城下町・岐阜』として文化庁から日本遺産に認定されました。岐阜市の金華山の頂上には織田信長の天下統一拠点・岐阜城があります。麓には長良川が流れ、漆黒の闇の中でかがり火だけを頼りに行われる伝統漁法「長良川の鵜飼」が行われています。(毎年五月一一日~一〇月一五日)。信長は、天下取りに邁進する一方、城内に巨大な庭園や宮殿を造り、自然を活かした眺望や鵜飼により有力者や賓客を接待し、仲間を増やしました。景観や鵜飼文化に価値を見出し、軍事施設である城を中心に「魅せる」という独創性を加え、最高のおもてなし空間としてまとめ上げたのです。冷徹非道、戦上手等のイメージがある信長が、岐阜城や城下で行ったのは、意外にも手厚いおもてなしだったのは驚きです。そんな信長から受け継がれ、今も息づくおもてなし文化を味わいに、岐阜市に足を運びませんか。

 


◆2026年冬季オリンピック・パラリンピックにむけて (札幌市役所より)

 昨年から参画させていただいた研究テーマの一つが「観光」です。真の観光立国実現にはサービス産業の高度化が必要であるとの考えの下、世界各国の先進事例の調査研究等を通じて広い視野から知恵と構想力で施策展開を図る重要性を自治体職員として日々実感しています。
 札幌市は、今から四三年前の一九七二年がまちづくりの大きな転換点となりました。一つは政令指定都市への移行、そしてもう一つがアジア初の冬季オリンピック開催でした。オリンピックをきっかけに、地下鉄や高速道路など都市インフラが整備されました。また、札幌の名を世界中に広め、都市の国際化に貢献しました。
 しかし、今まさに新たな転換点を迎えようとしています。一九四万人都市に成長した札幌も、人口減少・異次元の高齢化社会に突入しつつあります。このような中、市民が夢を共有して時代の転換期を乗り越え、札幌の未来を創り上げていくため、昨年一一月に「2026年冬季オリンピック・パラリンピック」の招致に取り組むことを表明しました。将来にわたり魅力的なまちづくりを進めるためにも、多くの方々のご指導を賜りながら日々研鑽を重ねてまいります。

 
 

◆四日市市―インダストリアル・ツーリズムの可能性 (三重県庁より)
 
 三年目の研修を迎えます。昨年にはシンガポールの統合型リゾートを視察するなど、骨太な観光立国形成にむけて研究を深めています。今回は、私の地元・三重県四日市市を事例に、新たなツーリズムのポテンシャルを紹介いたします。

 四日市市は、三重県北部に位置し、日本随一の工業地帯である中京工業地帯の中核を占めています。同市は、昭和三〇年代に形成された我が国初の石油化学コンビナートがあり、産業力によって日本経済を牽引しています。かつては、大気汚染や水質汚染等により「四日市ぜんそく」に直面しましたが、市民、企業や行政等の努力で都市環境が改善され、今や産学官民で環境やエネルギーに関する意欲的な取組みを推進するエコでクリーンな産業都市に変貌しつつあります。また、スマートフォンやデータセンターなどに用いる「NAND型フラッシュメモリ」を生産する東芝の拠点を擁しており、世界シェアが三割超と世界のトップ争いを繰り広げているなど、次世代ICT 分野において同市は重要な役割を果たすことが想定されます。
 四日市市が経験してきた公害の克服とエコでクリーンな産業都市の実現、先端的プロジェクト等のコンテンツは、環境課題の解決や経済成長を促すプロジェクトを求めるアジア新興国の行政関係者やビジネスパーソン等にとって価値あるモデルとなりえます。このため、四日市市は「インダストリアルツーリズム」という新たなツーリズムを本格的に展開することにより交流人口を増加させる大きなポテンシャルを有していると言えるでしょう。