Friday, Oct 18th

Last updateWed, 16 Oct 2019 5pm

You are here: Home 寺島文庫の試み 寺島文庫通信 2012年 第21号より

2012年第21号より

「寺島実郎監修 就職を機に世界と人生を考えるウェブサイト」特別企画

第1回 澤田 秀雄 氏(株式会社エイチ・アイ・エス代表取締役会長/株式会社ハウステンボス代表取締役社長/澤田ホールディングス代表取締役社長)
第2回 孫  正義 氏(株式会社ソフトバンク代表取締役社長/公益財団法人東日本大震災復興支援財団会長/公益財団法人自然エネルギー財団会長)

 寺島文庫では、厳しい就職環境において将来の方向性を見出せない学生に対し、世界・社会の動きを紹介し、人生を賭けて取り組むべきテーマについて深く考えるヒントを提示するとともに、学生の「企業を見る目」を養い、「未来挑戦型企業(未来を志向し、時代を創っていくという気概を持つ企業)」に選別的にアクセスしていけるシステムの構築を推進することにより、就職ミスマッチを解消することを目的として、「寺島実郎監修 就職を機に世界と人生を考えるウェブサイト」を8月末に開設しました。本ウェブサイトでは、特別企画として、現在世界の舞台で活躍されている学生の目指すべきロールモデルとなる方々と寺島実郎の対談「世界を知る対談」を展開しております。第1回目は「就職を機に世界と人生を考えるワークプレイスメント推進協議会」の委員である澤田秀雄氏、第2回目は同委員である孫正義氏との対談を収録しました。
 
 澤田氏との対談では、経営者としての考え方がどのように培われていったのかについて、ドイツの大学への留学など澤田氏の学生時代の体験が紹介され、バーチャルな情報であればインターネットにより手に入る中で、実際に自分の身体で体験することこそが血となり肉となると述べられました。また、成長する可能性のある中小企業に挑戦する意義やチャレンジ精神の重要性など学生に向けた熱いメッセージにとどまらず、人材を求める企業経営者に向けてのメッセージとして気持ちを入れて欲する必要性について語られました。
 孫氏との対談では、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』をきっかけとして決断したアメリカへの留学をはじめ、孫氏がソフトバンクを設立するに至るまでの発想の原点について語られました。また、「情報革命」を基軸に取り組まれるIT分野、エネルギー分野の事業の背景にある問題意識について述べられ、最後にソフトバンクで実施されている「就活インターン」という就業体験の取り組みに触れ、就職ミスマッチの解消における就業体験の重要性について語られました。

※澤田秀雄氏と寺島実郎の対談の模様がTOKYO FM・JFN系全国31FM放送局にて放送中のオンザウェイジャーナルウィークエンド「月刊 寺島実郎の世界」にて、2012年8月25日(土)、26日(日)に放送されました。

 対談の模様は、番組ホームページ(http://www2.jfn.co.jp/owj/tera/)よりポッドキャストにて公開中です。孫正義氏と寺島実郎の対談の模様については、寺島文庫だより、寺島文庫ウェブサイト「みねるばの森」「就職を機に世界と人生を考えるウェブサイト」にてご案内いたします。