Thursday, Jul 18th

Last updateTue, 18 Jun 2019 9am

You are here: Home 寺島文庫の試み 寺島文庫通信 2014年 第46号より

2014年第46号より2013年第32号より

【日本食・食文化魅力発信プロジェクト」 第2回検討会】

 
 2014年10月8日(水)、日本総合研究所が委託研究として実施する「日本食・食文化魅力発信プロジェクト」第2回検討会が農林水産省食料産業局にて開催されました。これまでの検討会・分科会における委員の指摘事項を踏まえ、「日本食・食文化の海外普及戦略(草稿案)」について活発な意見交換が行われました。

 検討会の座長である寺島は、「日本食・食文化」の教育・検定認定制度を確立する上で、企業・団体・政府間での連携が必要不可欠であり、既設の制度・組織を整理し付加価値をつけていく必要があると論じました。また、新たに日本食の品質を担保する制度設計や認定制度の確立も必要であると指摘しました。
 次に統合型リゾート(IR)についても言及し、フードツーリズムにさらなる付加価値をつけるためには、真の統合型リゾート(IR)を実現する構想力が必要であるとして、観光立国のモデルとして高付加価値を創出しているシンガポールの事例に加えて、企業の最先端技術の視察等を実施するインダストリアルツーリズムがハイエンドの観光客を惹きつける装置になりうる点を取り上げました。 
 さらに「脱工業生産力モデル」を構築していく中で、サービス産業を成長させるためのプロジェクトエンジニアリングが必要であると強調しました。

 
◆一般財団法人日本総合研究所の主な活動内容については、下記ウェブサイトをご覧ください。

  http://www.jri.or.jp/research/